結婚を約束した男女が結婚式を行うのは今や当然のことです

注目記事

  • 結婚の記念

    結婚式は、新郎新婦にとって人生で一度の晴れ舞台になります。当然記念写真を残しておきたいと考える人が多いのですが、現在は当日ではなく結婚写真を前撮りすることが多くなっています。

  • 式場に求める雰囲気

    結婚式を行いたいと考えた場合、自分にとって最適な場所を式場として選択することが必要です。少人数でアットホームな結婚式を行いたいと考えるのであれば、現在はゲストハウスウェディングなどが人気です。

今や当然の結婚式

結婚式はどのように変遷したのでしょうか

日本で結婚式が行われるようになったのは明治時代からのことです。当時は皇族や上流階級のみで行われていましたが、戦後になり多くの人が結婚式をあげるようになりました。そして結婚式で演出が行われるようになったのは1965年くらいからのことです。当時から取り入れ始めたころに行われていたのはケーキ入刀で、今も定番の演出となっています。また、新婦から両親への手紙の朗読、両親への花束贈呈も当時から行われていた演出です。これらは今も結婚式を締めくくる感動の演出となっています。やがてバブルの時代にはゴンドラに乗って新郎新婦が登場するなどの派手な演出が登場しはじめました。しかしバブルがはじけると、ジミ婚が流行し始め、派手な演出は行われなくなりました。

ゲストと楽しめるような演出が人気です

今の結婚式は、両親へ感謝の気持ちやゲストにおもてなしの気持ちを伝えることができるような、つながりを重視する結婚式が流行となっています。さらにふたりらしさを表現できる結婚式をしたいと考えるカップルが増えています。結婚式で行われる演出は、新郎新婦だけが参加するものではなく、ゲストも参加できて楽しめるようなものが喜ばれています。例えば、定番の演出にキャンドルサービスがあります。新郎新婦がゲストのテーブルを回ってキャンドルに火をつける通常のキャンドルサービスですが、ゲストがキャンドルの炎をリレーしていくキャンドルリレーも人気の演出となっています。ゲストも一緒に楽しめるような素敵な結婚式にしたいものですね。

おすすめ記事

  • 盛り上げるために

    結婚式を行う際には、二次会が付きものです。この二次会には幹事を用意する必要があるのですが、人それぞれ選び方は変わってきます。友人や代行会社など、求める条件次第で選択が変わります。