結婚を約束した男女が結婚式を行うのは今や当然のことです

盛り上げるために

友人と代行業者。お得なのはどちらか。

 結婚式の二次会の幹事さんはとても大変です。会場選びから招待客のリストアップやメール送付、景品や機材の手配、会場との打ち合わせ、当日の集金などなど。うまくいけば良いですが、新郎新婦の気遣いがなかったり、幹事さんでも報告を怠っていたりで、二次会後不仲になってしまったという残念なケースもあるほどです。  そのため最近では幹事代行業者に依頼するケースが増えています。代行業者はプロですから、下準備から当日の司会進行までスムーズに行ってくれます。中にはお笑い芸人が当日の司会をして盛り上げてくれる所もあります。  料金は基本料金は7万から8万円という所が多いですが、友人の幹事さんにお礼をすることを考えると、業者に依頼してもしなくても、それほど持ち出しに差はないと言えるでしょう。

二次会代行業ビジネスの成立

 結婚式の二次会は、昔は新郎新婦の友人が発起人となり新郎新婦を祝うために行われていました。それが最近では新郎新婦が発起人となり、披露宴よりもカジュアルな雰囲気で感謝の気持ちを伝えるために行われるものになっています。とはいえ新郎新婦は結婚式・披露宴の準備で忙しく、とても二次会の準備までは出来ないので親しい友人に幹事をお願いする、という形になっています。また友人に幹事をお願いするのは、昔の名残もあるでしょう。  しかし友人に大変な幹事をお願いするのは気が引けるという新郎新婦の増加から、幹事代行業がビジネスとして成立することになりました。面倒なことはすべて代行業者がしてくれるので、新郎新婦もゲストもみんな二次会を楽しめるというメリットがあります。  手配をぬかりなくして、面倒なら代行業者に丸投げして、思い切り二次会を楽しみたいですね。